沖縄旅行のグルメツアーを観光しよう!

沖縄旅行で地元グルメを極める

沖縄旅行で食べる沖縄料理の文化

海外の影響を色濃く残す沖縄料理を食べる沖縄旅行

沖縄というと「沖縄本島」を思い浮かべる人がほとんどだと思う。

沖縄本島は中国からの流れをくんだ琉球王朝の歴史があるため、他の離島に比べて、食文化も洗練されたものが多い。中国ではごちそうとされた豚肉を独自の調理法で食べるのも、沖縄本島だけに限られた文化だ。

それでは他の離島だとどのようなものが食べられているのか? ひとつは沖縄本島以外の離島はとても貧しかったという歴史がある。 たとえば、石垣島では、マラリヤなどの風土病が多かったが、本島と違い、戦争で直接的な被害を受けることはなかった。精力をつけるために、ヤギをつぶして鍋にすることはあったが、それは、離島の島民にとって、ハレの日のまさにご馳走だった。

そのかわり、南国独特の植物を食べる食文化が発達した。 たとえばパイナップルに似た「アダン」、雑草のように生えている「長生草(ちょうめいそう)」、シダ化の植物「オオタニワタリ」などの野菜をうまく調理して食べていた。

島で獲れるカラフルな魚を煮た「マース煮(マース=塩)」は、海水を使って海人(漁師)が受け続いてきた伝統的な料理のひとつだ。

また、南大東島では「大東寿司」という、マグロやさわらなどををみりんや醤油でヅケにした寿司が名物だ。これは。南大東島が八丈島からの開拓者によって開かれた島であったため、八丈島や小笠原に伝わる「島寿司」という料理がだとルーツといわれている。

沖縄といっても、その範囲、そして離島の数は有人、無人に関わらずかなりの数におよぶ。その料理を味わうということは、その沖縄の文化を味わうということ。

よく「沖縄の料理はまずい」という人がいるが、それは、自分が食べ慣れている料理との文化の違いのひとつだと思う。沖縄には、ひとつの食材、ひとつの料理に、沖縄の風土に根付いた料理法がある。ひとくくりに「まずい」と思わず、まずは、その食文化を知ってから料理を召し上がってほしい。たったそれだけで沖縄ツアーは倍以上に楽しめるだろう。

海外の影響を色濃く残す沖縄料理を食べる沖縄旅行

沖縄は、昔から続く琉球王朝の流れから、薩摩の制圧、戦後のアメリカ統治下...

沖縄旅行にいけば目にする沖縄の代表的な料理

沖縄の県民食、沖縄旅行で食べる沖縄そば

沖縄の県民食、沖縄旅行で食べる沖縄そば

沖縄では「そば」の事を「すば」と発音する。沖縄県民の誰もが「こだわりの...

詳細はコチラ
食べない部分は蹄だけ、沖縄旅行で食べる豚肉料理

食べない部分は蹄だけ、沖縄旅行で食べる豚肉料理

4.食べないのは鳴き声だけ、沖縄旅行で食べる豚肉料理 沖縄本島は、古代...

詳細はコチラ
釣った魚を調理できるかも、沖縄旅行で海鮮料理を楽しむ

釣った魚を調理できるかも、沖縄旅行で海鮮料理を楽しむ

5.釣った魚を料理してもらえるかも、沖縄旅行で海鮮料理を楽しむ 1.本...

詳細はコチラ

沖縄旅行で沖縄料理と琉球料理を楽しむ

おふくろの味、沖縄旅行で味わえる家庭料理

おふくろの味、沖縄旅行で味わえる家庭料理

1.まさに「そば」こそがアンマーの味 沖縄の方言で「おふくろ」のことを...

詳細はコチラ
王様の味、沖縄旅行で優雅に食べれる琉球宮廷料理

王様の味、沖縄旅行で優雅に食べれる琉球宮廷料理

琉球時代、沖縄の料理は「庶民料理」と「宮廷料理」に分かれていた。豚肉料...

詳細はコチラ

それぞれの食後の楽しみ、沖縄旅行のスイーツやお酒

お土産にも最適、沖縄旅行で見つかる地域のお菓子

お土産にも最適、沖縄旅行で見つかる地域のお菓子

甘党の食後の楽しみ、沖縄旅行のスイーツ 8.お土産に...

詳細はコチラ
南国のさわやかな甘酸っぱさがたくさん、沖縄旅行で鮮やかなフルーツを丸かじり

南国のさわやかな甘酸っぱさがたくさん、沖縄旅行で鮮やかなフルーツを丸かじり

亜熱帯諸島に属する沖縄県は、南国のトロピカルフルーツの宝庫。もちろん季...

詳細はコチラ
大人ならではの楽しみ、沖縄旅行で地酒を飲み尽くす

大人ならではの楽しみ、沖縄旅行で地酒を飲み尽くす

沖縄で地酒といえば泡盛。県民からは「シマー」という愛称で呼ばれ愛されて...

詳細はコチラ
Copyright © 2013 沖縄旅行のグルメツアーを観光しよう! All rights reserved.