脱毛処理を受けたあと日焼けに気をつけるのはなぜ

レーザー脱毛を受けるときに、日焼けに気をつけなければならないことは知られています。
でも、施術前の日焼けについてはクリニックで注意がありますが、施術後も同様に気をつけなければならないことは、もしかしたらあまり認識されていないかもしれません。

脱毛用のレーザーは色の濃い部分に吸収されて熱を発生させます。

その性質を利用して、施術では肌に照射してムダ毛に熱を発生させ、毛根を焼くことで脱毛させます。

そのために、施術前に日焼けで肌色が濃くなっていると火傷のリスクがあるのです。

では、施術を受けたあとの日焼けにはどのようなリスクがあるのでしょうか。

前述のように、レーザー脱毛では毛を熱して毛根を焼きますが、そのとき、同時に毛穴周囲の皮膚組織も熱でダメージを受けてしまいます。



施術部位全体が、ごく微小な火傷を負っているといってもよいでしょう。

施術後に肌を冷やすのはそのためです。

しかし肌を冷やして一見症状が治まったように見えても、組織の損傷は治癒していないため、毛穴の炎症はしばらく残ります。皮膚がそのような状態のときに長時間日光を浴びてしまうと、毛穴の炎症がぶり返してしまいます。

また、紫外線を浴びることで組織の損傷を広げることにもなります。

その結果、皮膚は炎症性色素沈着を起こしてしまうことがあります。
これは皮膚の組織が損傷した場合、外部刺激から体を保護する反応として、メラニン色素が大量に形成されてしまうものです。


日光のほかに、施術を受けた部分をこすったり引っかいたりしても色素沈着が引き起こされます。

日焼け止めで紫外線をカットするほか、保湿などの基本的なケアを行うことで予防ができます。



施術のあと1、2日でケアをやめてしまう方がありますが、肌のケアは脱毛を受けている間はずっと気を配った方がよいでしょう。